琥珀一家のゆる~い日常
CT検査
2013年05月19日 (日) | 編集 |
5/16(木)に詳しい検査のため、大河を大学病院へ連れて行きました。

朝8:30過ぎに家を出て、10時に到着。
問診票などを書いて予約した10:30の診察まで待機。
血液検査・レントゲン・エコーなどの検査が済んだのが13:30。
それから全麻でCT撮影と穿刺で腫瘍の組織の一部を採る処置という事でしたが、
心臓上部の腫瘍という場所的に組織が採れない場合がある事、
CTは大河の前に数匹のワンちゃん猫ちゃんが予約されていて、
終わるのが夕方になるとの説明を受けました。
どうか全ての検査を滞りなく終えて、
出来れば腫瘍の組織を採取する事が出来て、
無事に麻酔から覚めますようにと祈りながら
大河を預けて病院を出ました。

それからお昼ご飯を食べたり、
その辺りのお店をブラブラと見たりしながら時間を潰し、
病院の駐車場に戻りました。
車中で今後の事を夫と話しながら2時間ほど過ごしました。
前の晩あまり眠れなかったので仮眠でもと思いましたが、
緊張でそれどころではありませんでした。
そうこうしているうちに病院から
「17:30頃に待合へお戻りください」と電話があり院内へと戻りました。

そこで30分程待っていると、看護師さんが大河を連れて来てくれました。
キャリーの中で喜んでゴロゴロクネクネしている大河。
鳴き声は掠れていたものの、扉にガンガンと頭を擦り付けたり、
お手手を伸ばして「触って触って!」と催促する姿に心からホッとしました。
それからまた担当の先生の手が空くまで待機する事になりましたが、
今思えばこの時が緊張のピークでした。

「一体どのようなタイプの腫瘍なのか?」
「採れた組織からどんな事が判明したのか?」
「大きな血管を巻き込んでいて手術不可能だったらどうしよう」
等々、一体どういった事を言われるのか恐怖ですらありました。
夫は大河をあやしながら、私は緊張で震える手をギュッと握り、
その手で「大泉洋式心臓マッサージ」を施しながら待っていました。

その後、先生がいらして診察室で説明を受けました。
結論としては
「やはり危険だったので穿刺では組織を採る事が出来なかった。」
「20mm大の腫瘍があるのは確認できたが、これがどのタイプの腫瘍かは判断がつかない。」
との事でした。
これはかかりつけ病院での所見とほぼ同じで、
新しくわかった事と言えば「CTで腫瘍の形が立体的に見えた事」だけでした。
誰が悪い訳でもないのは重々承知ですが、
何とも言えない気持ちになりました。
今後経過を見て、腫瘍が大きくなっていれば開胸手術になる予定です。
出来れば手術は避けたい。
今はこれしか言えません。

その後の大河ですが、昨日までずっとぐったりしていました。
しかし今朝からは元気を取り戻したようで、
家の中を縦横無尽に走り回っています。
各部屋に敷いているマットというマットは全部捲りあがり、
空と琥珀は戦々恐々としています。



001_20130519130711.jpg
ちょっと怖かったけど、頑張ったよ!




安静にさせないとダメなんだけどな・・・。
この様子じゃちょっと無理かな(´-ι_-`)



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
大河はもちろんおとうしゃんもおかあしゃんも
辛い時間でしたね。
物は考えようで爆弾を抱えていても
生活をエンジョイしている人間も大勢います。
こう言う私も糖尿、高血圧、脳梗塞の再発の危機を
抱えていても結構楽しく過ごしていますよ。
人間も猫ちゃんもいっしょ。
きしみながら生きていきましょ。
どんな事をしてでも治してあげたいと
思われるのももっともですが
検査もむつかしい場所にあるのなら
手術もむつかしいはず。
これ以上大河の負担と、本当に失礼ですが
もふもふさんちの財政上の負担を考えると
大河の大好きなお家で仲間とお父さん、お母さん
楽しく暮らした方が良いのではないかと。
私、段々失礼な事言っていますね。
出入り禁止って言われそう。
お腹立ちでしたら、えつこは黙れって言ってください。
2013/05/19(日) 20:17:27 | URL | えつこ #bz.jPu7w[ 編集]
>えつこさん
朝から晩までかかって、
私達も大河もクタクタになった割には、
何とも収穫の無い結果となってしまいました。
この腫瘍、取らなくていい物なら本当に取りたくない。
やはりリスクの高い開胸手術は、
避けられるものなら是非とも避けて通りたいです。
大河の負担になる事は、なるべくしたくない。
お察しの通り、我が家は財政的に余裕がある方ではなく、
今回の検査代も「思ってたより安かったね~」なんて
笑って言えるような余裕は全くない状態です。
手術が避けられればもちろん金銭的にもありがたいのですが、
このまま腫瘍が大きくなり続けると、
また胸水が溜まり呼吸困難になってしまう事が懸念されます。
ですので今はお薬やサプリなどで腫瘍が小さくなってくれる事を願うばかりです。
そうなれば、今まで通り楽しく過ごせると思っています。
えつこさんを出禁にするなんてとんでもない!
失礼だなんて全く思わないですし、
いつも親身になって私達や猫の事を思って下さって、
時間を割いてこうしてコメント下さって
本当にありがたいと思っています(^^)
2013/05/20(月) 17:37:01 | URL | モフモフ #-[ 編集]
こんばんは。
写真を見る限りでは元気に見えるんだけどね。
呼吸困難・・・見てるのも辛いですね。

モフモフさんのところにお邪魔した頃にたまたま入ったもう1つのブログ。
そこは治せないガンのネコちゃんのことが書かれていました。
ガンが気道にあって、大きくなれば気道をふさいでしまい
呼吸ができなくなるんだそうです。

同じネコを飼ってる私には、とても切ない記事でした。
そして、このモフモフさんの記事も。

お薬が効くといいですね。
少しでも大河くんが苦しまないように。。。
そう願っています。
2013/05/20(月) 20:34:18 | URL | あずき #-[ 編集]
>あずきさん
ありがとうございます。
おかげさまで、今の所大河の体調は落ち着いています。
利尿剤で胸水を下しているのですが、
それが良いようです。
治癒困難のガンのネコちゃん、
お話を聞いているだけでも辛いですね。
大河の事もそうですが、
ただただ腫瘍が大きくならない事を願います。
2013/05/22(水) 15:43:58 | URL | モフモフ #-[ 編集]
辛くて長い検査(;´Д`)
お疲れ様でした!
大河くんの辛さが少しでも減りますように!
状況に応じた適切な治療法がみつかりますように!
モフモフさんもおとうちゃんさまもさぞやご心痛のことと思います。
食欲もないでしょうが、ちゃんと食べて
これからの治療に備えてね。んね!
2013/05/23(木) 12:16:12 | URL | うらりー #IPuK7Ow6[ 編集]
>うらりーさん
ありがとうございます。
たしかに何とも言えない疲れがずっと抜けずにいますが、
心配事が少し減った今、食欲が戻りつつあります。
私の場合、戻らないくらいがちょうどいいのですが・・・。
これからもどうなるかはっきりしないのですが、
取りあえず来月のエコー検査で、
腫瘍が大きくなっていない事を祈るばかりです。
うらりさん、いつもありがと(^^)
2013/05/24(金) 18:09:28 | URL | モフモフ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック