琥珀一家のゆる~い日常
またね
2013年01月29日 (火) | 編集 |
こちらでは珍しくハラハラと雪が降る一昨日の夜、
家の側で顔見知りの野良さんが亡くなっているのを見つけました。

3年ほど前から近所で見かけるようになり、
窓越しにうちの猫達を見に来たりと
家の周りをウロウロするようになりました。

大柄で喧嘩っ早くて気性が荒い子でした。
うちのご近所は猫嫌いさんが多いので、
どこかで喧嘩の声が聞こえて来たら
例え明け方でも夫が仲裁しに外へ行くんですが、
「誰やった?」と聞くと、ほぼ「あの子やったわ」と言うくらい暴れん坊な子でした。

ここ最近「痩せてきたな」とは話していたのですが、
まさかこんなに早く亡くなるなんて。

これまでも半月以上うちに来なかったり、近所でも見かけない日が続く事が時々あったので
そんな時も「どこ行ってんのかな?また来るやろうからいいけど」と
特に気にも留めませんでした。
でもその夜は胸騒ぎがして「探さないと!」と思いました。
最後に姿を見たのはその日の午前0時過ぎ。
厳密にはそれから22時間ほどしか過ぎてないので、
いつもなら「どこ行ったかな?」と心配する事もないのですが、
とにかく「ちょっと家の周り見てくる」と懐中電灯を持って外へ行きました。

そして、しゃがみこんで縁台の下を照らした時、その子の亡骸を見つけました。
その瞬間、涙が溢れて「ごめんな」と謝り続ける事しか出来ませんでした。
泣きながら家に入り夫に亡くなってた事を伝えると、
すぐに段ボールにブランケットを敷いてそれを持って外へ飛んで行きました。

その後、箱の中で横たわってるその子の体を二人で綺麗に拭きました。
ここまで来てたのに、一人で心細く旅立って行ったのかと思うと、
何でもっと早く気付けなかったのかと悔やむばかりです。
「これからはうちの子として供養するから許してな」としか言えませんでした。






008_20130129134111.jpg




ずっと考えていますが、何であの時探しに行こうと思ったのか不思議で仕方ありません。
とにかく「家の周りを探さなあかん」と居ても立っても居られなくなりました。
特に霊感体質とかでもないし、こんな事は初めてでした。
今思えば、この子が「ここにいるから見つけて!」と呼んでくれたのかな?
そう思わないと辻褄が合わない不思議な出来事でした。




そして昨日、うちの子としてお見送りしました。
正確な年齢もわからず、決まった名前もない子でしたが、
なんとなく呼んでたニックネームをそのまま書いて頂きました。


015.jpg




この写真を撮った後にティナのお骨の横に並べ直したのですが、
気が強い物同士だから、お互い安らかに眠れる感じがしない事に気が付きました。
ティナの「あんた誰よ~(*`Д´*)」と怒る顔が目に浮かび、ちょっとずらしました。

でもねティナ、今日からこの子もうちの子やから、仲良くしてな(^^)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
モフモフさん、もう泣いたらあかん
モフモフさんや旦那様に見つけてもらって
きれいにしてもらいおまけに
モフモフさんちの子で虹の橋を渡れたのです。
たくさん泣いてもらって
もう喉が乾くこともないでしょう。
今頃はきっとティナと
今年のお盆にいっしょに
帰る計画をねっていますよ。
風夏もいっしょに。
2013/01/29(火) 16:50:32 | URL | えつこ #ctWWTAsQ[ 編集]
モフモフさんにご供養して貰って、安らかに虹の橋のたもとに向かって居ることでしょう。
野良ちゃん、優しさに包まれて眠っているようだよ。
野で生きる猫さんは短命と聞いています。
送ってくれるモフモフさんのそばまで来て逝ったんだね…
みんながお出迎えしてくれる事でしょう。合掌…
2013/01/30(水) 06:43:34 | URL | うらりー #cstCKLnw[ 編集]
ツイッターでもやりとりさせていただいたのに,
こちらの記事を読ませていただき,泣けて泣けてしかたがありません。
外の猫ちゃんが人目につくところで亡くなるって,あまりないことだと思うんです。
モフモフさんに見つけて欲しかったんじゃないかと思えてなりません。
ご冥福をお祈りいたします。
2013/01/31(木) 11:40:46 | URL | ゆきみの母 #-[ 編集]
>えつこさん
ありがとうございます。
もうただただ悔しくて可哀そうで。
もっともっと出来た事があったんじゃないかと、
あれから毎日考えてますがもう遅いんですよね。
皆と帰る相談してるかな?
そうですね、もうこの子はうちの子だから、
ティナや風夏と仲良くしてるかも(^^)
2013/02/03(日) 17:01:00 | URL | モフモフ #-[ 編集]
>うらりーさん
ありがとうございます。
お顔がそんなに苦しそうではなかったのが救いです。
ただ、誰にも看取られず一人で逝ったのかと思うと、
こんなに近くにいたのにと悔しくて。
もっと早く気づいていれば、
雪の中で横たわってる時間も短かったのに。
生まれ変わったら、またうちに来てほしいと願っています。
2013/02/03(日) 17:10:03 | URL | モフモフ #-[ 編集]
>ゆきみの母さん
今でも毎日考えているのですが、
やっぱり何であの時「探しに行こう」と思い立ったのかがわからないんです。
この子が呼んでくれていたとしか思えなくて。
近くにいながら最期の時に気付けなくて、
本当に悔いが残ります。
でも見つけさせてくれてありがとう、
呼んでくれてありがとうと思っています。
2013/02/03(日) 17:17:33 | URL | モフモフ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック