琥珀一家のゆる~い日常
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
ボス君のお話
2015年11月19日 (木) | 編集 |
このブログにもたびたび登場した「茶黒コンビ」のアルマジロ先生が、
11月12日の明け方に息を引き取りました。

ここでの呼び名は「アルマジロ先生」でしたが、
猫ボラさんに「ボス」という名前で呼ばれていたので、
実際には私達もそれに倣い、「ボス君」や「ボス先生」と呼んでいました。
10年近くほぼ毎日、日に何度も遊びに来ては家猫のようにご飯を食べたり、
ゆっくりくつろいだり、時には何時間も熟睡していく事もありました。
リビングの窓の網戸に爪を引っ掛けて、
軽くカタカタと音を鳴らすのが、「来たよ」の合図でした。

クロちゃん共々ずっと「うちに子にしたい」と思っていた子でしたが、
それはとうとう叶いませんでした。
実は、ブログには書きませんでしたが、
過去に一度保護した事がありました。
でもすごい力で頑丈なケージの扉を曲げて脱走してしまったのです。
猫ボラさんと相談した結果、今まで通り地域猫としてお世話しようという事になりました。
前にも何度か書いた事があると思うのですが、
「先生は窓を閉めるとパニックを起こす」というのは、
この時の事がトラウマになってしまったのではないかと思います。

怖い思いをさせてしまったにもかかわらず、
それでもすぐにうちへ遊びに来てくれるボス君が、可愛くて仕方ありませんでした。
気持ち的にはもうほぼ「うちの子」です。
年を取るにつれて考えるのは、「最期を看取りたい」という事でした。
でもお外で自由に暮らしてる子を、果たして看取る事が出来るのか。
そのような気持ちがあっても、実際には難しい事です。

この夏の終わり頃から、少し食が細くなったボス君。
猛暑だった今年の夏。
もう若くないので体力も落ちて来てるし、その疲れが出ていると思っていました。
10月に入って少し痩せたように見えたので、
食べる量を増やすために、なるべく好きな物を多めに出すようにしました。
それからすぐに私が入院してしまいましたが、その間もずっと気がかりでした。
夫とのメールも、ボス君の事が多かったです。

11月になるとさらに食べる量が少なくなり、うちへ来ても寝るだけの事が多くなりました。
このままうちでお世話を続けたいと思いましたが、
ケージに入れるのは勿論の事、部屋の窓を閉めただけでパニックを起こす子です。
弱った身体ながら凄い力で出て行こうとするのは、想像に難くありません。
猫ボラさんと夫の話し合いも多くなり、何か変わった事があればお互いにすぐ知らせる事になりました。
そしてその矢先、ボス君は姿を消してしまいました。

先述の通り、お外の子を看取るのは無理だと痛感しました。
「弱ったら姿を消す」
自然界では何も変わった事ではありません。
夫は毎日探して周りました。
退院後ずっと無理出来ない体の私の分まで、必死に探し歩いてくれました。
それでも見つかりませんでした。

「もう一目だけでいいから会いたい」と願い続けました。
それでも「もう無理かな・・・」と思い始めた頃、
ボス君は周りまわって私達の所へ帰って来てくれました。
姿を消してから一週間後の事でした。
詳しく書くと長くなるので割愛しますが、
猫好きの方々のおかげでもう一度ボス君に会う事が出来ました。

もし、道の真ん中で動けなくなっていたボス君をセンターへ知らせてくれる方がいなければ。
もし、ボス君を保護しに来て下さった愛護センターの方が、
「場所は少し離れてるけど、もしかしたら○○さんがお世話してる子かも知れない」と、
猫ボラさんに連絡をして下さらなければ。
もし、その時に猫ボラさんがご在宅じゃなければ。
このような様々な事が重なって奇跡が起きたと思いました。

11月11日16時半過ぎに、こうしてもう一度うちへ帰って来たボス君。
毎日のようにご飯を食べたり、眠ったり、クロちゃんと遊んでいたいつもの保護部屋で、
次の日の4時半過ぎに息を引き取りました。
帰って来てからわずか半日だけでしたが、見守る事が出来ました。
最期の時、二人で頭や体を撫で、ずっと名前を呼んで、いっぱいありがとうを言いました。
ほぼ無理だと思っていたことが、叶いました。



<この先に亡くなったボス君のお顔が載っています。苦手な方は飛ばして下さい。>














P1010358.jpg






11月14日にお葬式を済ませ、ボス君のお骨を引き取りました。
すっかり小さくなってしまったけど、やっとうちの子になってくれました。

P1010383.jpg
マグロが大好きでした




P1010381.jpg




あの網戸をカタカタ鳴らす「来たよ」の音も、
大きな体に似合わない可愛い鳴き声も、
もう二度と聞く事が出来ないと思うと寂しくて堪りません。

002_20130704222221.jpg


この気持ちが癒えるのはまだまだずっと先になると思いますが、
「ここにボス君がいてくれる」という事を心の支えにして、
供養をしていきたいと思います。

スポンサーサイト

超番外編
2015年11月05日 (木) | 編集 |

ここは猫ブログです。
アクセスして下さった方が戸惑わないように先にお伝えします。
夫が載せてほしいと言うので、猫ではない画像をいくつか貼ります。



まずはこちら。


おかしいな、枝の所で蛹になったと思ったんだけど・・・




夫の青虫保護活動は、とうとう季節を問わなくなってしまいました。
卵や幼虫を見つけてはせっせとネットをかけた植木鉢の中へ入れ、
蛹になるのを見守ります。

幼虫を数匹入れる
→葉っぱを食べ尽くされる
→新しい葉っぱが生えてくるまで待てない
→新しい鉢植えを買う
→それに卵を産み付けられる
→幼虫増える
→やっぱり葉っぱを食べ尽くされる
→新しい葉っぱが生えてくるまで待てない
→新しい鉢植えを買う
→あら大変、また卵が付いてる!
→幼虫増える
もうエンドレスです。

「ねえ何やってんの?アホですやんそれ。めっちゃアホですよ。」
と思います。
でもそのまま言ってしまうと夫婦喧嘩に発展しますので、
その気持ちをぐっと抑えて出た言葉が
「業者ですか?」です。





P1010348.jpg
整列!



この他にまだいるんです。
青虫も蛹も。
もう蝶々羽化業者です。
うちの玄関先は柑橘系の木の鉢植えでいっぱいです。
そして私がこの世で一番怖いのは蝶々です。
気が遠くなります。


この「蛹ポケット」なるものをせっせと作っては入れて並べ、
ウキウキと写真を撮っています。
ちなみにこの写真を撮ったのは一昨日の11/3。
「あの、今日…結婚記念日やねんけど」と言いたいのをこらえました。
いいんです。結婚して18年。
覚えててほしいなんて思いは贅沢なんでしょう。
入院中はもちろん、退院後も率先して家事をしてくれる優しい夫に
あまり小言は言いたくありません。
ただこの業者化がこれ以上エスカレートしない事だけを祈ります。



番外編ついでにこちらも。



P1010291.jpg
300000!



我が家のクラウン師匠の走行距離が、この夏30万㎞を突破しました!
元年式ですがまだまだ現役です(`・ω・´)
(ちなみにトリップメーターは壊れてます)


猫ブログなのに猫成分がゼロなのもあれなんで、
これ貼っときます。

P1010149_201511052035465b5.jpg


手術後、重い物を持ってはいけないので、
まだ空と大河を抱っこ出来ません。
琥珀くらい軽いと大丈夫なのですが、
何せ琥珀は私が嫌いですorz
誰でもいいから早く抱っこしたいよ~(´;ω;`)