琥珀一家のゆる~い日常
ジョリジョリ
2013年05月27日 (月) | 編集 |

大学病院での検査から10日、大河の胸の毛が少し伸びてきました。



おとうしゃん、その腕をどけて下さい!
002_20130527122608.jpg
俺の顔が・・・ う、写らない・・・







アップにすると、こんな感じ。


004_20130527122606.jpg
ちょっと前からここだけス~ス~するの。なんでかな?





たいちゃ~ん、ちょっと触らせて~! ((((((〃 ̄З ̄)ノ ウヒヒヒヒ♪







おかあしゃんは、一日に何回もここを触るの。
001_20130527122605.jpg
楽しいのかな~?





楽しいんです(・∀・)!!




スポーツ刈りの弟の頭を触るのが好きだった子供時代を思い出しました。
大河の胸は剃りたてのジョリジョリ感はさすがに無くなってきましたが、
あと数日は楽しめそうです。
こんなおかあしゃんでごめんね、大河(´・ω・`)



スポンサーサイト

大河、要観察
2013年05月23日 (木) | 編集 |

昨日、夫と一緒に大学病院で撮ったCT画像を持参して、
かかりつけ病院で主治医のお話を伺ってきました。
先生がとても丁寧に説明して下さって、先週の検査で得られた事は多かった事が判明しました。

穿刺での組織採取の件ですが、あちらでは「危険だったので採れませんでした。」との説明を受けましたが、
主治医への説明では「少しだけ採れ、それを検査した結果、ガン細胞は見つからなかった。」だったそうです。
ですので話を統合すると「組織は採れたが、リンパ腫ではないと断定できる量ではなかった。」
という事だったそうです。
その他にも色々な結果を総合的に判断して、
一番心配していた「リンパ腫」の可能性はかなり低いのではないかというお話でした。

この後の予定としては、
「来月の中旬にもう一度エコー検査をし、腫瘍の大きさをチェックする。」
「大きくなっていれば開胸手術を考える。」です。

まだまだ心配な事に変わりはありませんが、少しだけホッとする結果でした。
ずっと毎日大河を観察していますが、
腫瘍があるとは思えないほど何もかも普通に見えます。
どうか腫瘍が大きくなりませんように。
今は毎日それだけを祈っています。




009_20130523130549.jpg
ねぇねぇ、走ってもいい?



ダメって言っても走るんでしょ?
この調子じゃ、安静なんて無理だわね(´・ω・`)




CT検査
2013年05月19日 (日) | 編集 |
5/16(木)に詳しい検査のため、大河を大学病院へ連れて行きました。

朝8:30過ぎに家を出て、10時に到着。
問診票などを書いて予約した10:30の診察まで待機。
血液検査・レントゲン・エコーなどの検査が済んだのが13:30。
それから全麻でCT撮影と穿刺で腫瘍の組織の一部を採る処置という事でしたが、
心臓上部の腫瘍という場所的に組織が採れない場合がある事、
CTは大河の前に数匹のワンちゃん猫ちゃんが予約されていて、
終わるのが夕方になるとの説明を受けました。
どうか全ての検査を滞りなく終えて、
出来れば腫瘍の組織を採取する事が出来て、
無事に麻酔から覚めますようにと祈りながら
大河を預けて病院を出ました。

それからお昼ご飯を食べたり、
その辺りのお店をブラブラと見たりしながら時間を潰し、
病院の駐車場に戻りました。
車中で今後の事を夫と話しながら2時間ほど過ごしました。
前の晩あまり眠れなかったので仮眠でもと思いましたが、
緊張でそれどころではありませんでした。
そうこうしているうちに病院から
「17:30頃に待合へお戻りください」と電話があり院内へと戻りました。

そこで30分程待っていると、看護師さんが大河を連れて来てくれました。
キャリーの中で喜んでゴロゴロクネクネしている大河。
鳴き声は掠れていたものの、扉にガンガンと頭を擦り付けたり、
お手手を伸ばして「触って触って!」と催促する姿に心からホッとしました。
それからまた担当の先生の手が空くまで待機する事になりましたが、
今思えばこの時が緊張のピークでした。

「一体どのようなタイプの腫瘍なのか?」
「採れた組織からどんな事が判明したのか?」
「大きな血管を巻き込んでいて手術不可能だったらどうしよう」
等々、一体どういった事を言われるのか恐怖ですらありました。
夫は大河をあやしながら、私は緊張で震える手をギュッと握り、
その手で「大泉洋式心臓マッサージ」を施しながら待っていました。

その後、先生がいらして診察室で説明を受けました。
結論としては
「やはり危険だったので穿刺では組織を採る事が出来なかった。」
「20mm大の腫瘍があるのは確認できたが、これがどのタイプの腫瘍かは判断がつかない。」
との事でした。
これはかかりつけ病院での所見とほぼ同じで、
新しくわかった事と言えば「CTで腫瘍の形が立体的に見えた事」だけでした。
誰が悪い訳でもないのは重々承知ですが、
何とも言えない気持ちになりました。
今後経過を見て、腫瘍が大きくなっていれば開胸手術になる予定です。
出来れば手術は避けたい。
今はこれしか言えません。

その後の大河ですが、昨日までずっとぐったりしていました。
しかし今朝からは元気を取り戻したようで、
家の中を縦横無尽に走り回っています。
各部屋に敷いているマットというマットは全部捲りあがり、
空と琥珀は戦々恐々としています。



001_20130519130711.jpg
ちょっと怖かったけど、頑張ったよ!




安静にさせないとダメなんだけどな・・・。
この様子じゃちょっと無理かな(´-ι_-`)





安静願い
2013年05月15日 (水) | 編集 |

いよいよ明日、大学病院での受診日です。
とても緊張します。
私自身、大河に胸水が溜まってるとわかった日から、
何となくずっと動悸が続いてる感じです。

大河には当然のことながら、安静にとのお達しが出ています。
それなのに当の本猫の精神状態はいつも通り。
食べる量が少し減っていたり、若干呼吸数が多いものの、
ちょっと目を離すと走り回り飛び跳ねてます。
「きゃ~、ダッシュはあか~ん!」
「大人しくして~、飛んだらダメ~!」
と追いかけてはその都度抱っこして安静にさせています。



001_20130515091856.jpg
あっ、虫さん見っけ!



追いかけないでよ~!



明日の事を考えて吐きそうになってる私をよそに、
今も琥珀をロックオンしてお尻をプリプリと振っています。
普段なら元気で遊び回るのは嬉しい事なんですけどね・・・。




検査結果
2013年05月11日 (土) | 編集 |
その後の大河ですが、5/8に詳しく検査をしていただきました。
その結果、心臓に腫瘍がある事がわかりました。
もう少し詳しく調べる必要があるとの事でしたので、
大学病院を紹介していただき、そちらで診察、手術する運びとなりました。

しかしながら、実際に手術出来るかどうかはまだわかりません。
来週5/16の最初の診察で判断されると思うのですが・・・。

どうか手術が出来るものでありますように。
今はそう祈る事しか出来ません。




不安
2013年05月07日 (火) | 編集 |

昨日、大河の呼吸がおかしかったので病院へ連れて行きました。
休日の時間外でしたが、かかりつけの病院で診てもらう事が出来ました。

例の虫刺されでお口が腫れる一件から、時々「息が早いかな?」と思う事がありました。
その時は処方していただいたお薬で落ち着いていたので、
昨日も飲ませて様子を見ていました。
でも一向に良くならず、お腹を激しく上下させて苦しそうでした。

慌てて先生がまだいらっしゃるのを確認して、病院へ行きました。
レントゲンの結果、胸水が溜まっている事がわかり、とても驚きました。
一体何が原因なんだろう。
まだ4歳で病気とは無縁と思い込んでいたので、
ものすごいショックを受けています。

取りあえず昨夜は利尿剤を処方していただき、様子を見る事になりました。
帰ってすぐに飲ませ、暫く見ていましたがやっぱり苦しそうです。
午前2時の時点での呼吸数は、1分間に60回超。
夜間救急に行く準備をして更に様子を見ていると、
少しずつですが落ち着いてきたように感じました。
30分おきに呼吸数を計り、午前5時には1分間に40回までになりました。
それから少し、30分程ですが私と大河もウトウトする事が出来ました。
朝になってもう一度お薬を飲ませ、
呼吸を見ると1分間に30回ちょっとまでに落ちていました。

もし落ち着かなければ、今日胸水を抜く予定でしたが、
先程病院へお電話し、少し落ち着いている旨を伝えたところ、
「今日一日利尿剤で様子見て、明日来てください」との事でした。

明日病院へ行って詳しく調べれば、もう少し詳しくわかる事があると思いますが、
今の時点では、もう何が何だかわからないのが現状で、不安と恐怖でいっぱいです。
取りあえず今日は大河のそばにいようと思います。

※今回は画像なしでごめんなさい。



マイホーム
2013年05月03日 (金) | 編集 |

思い立ってあれやこれやと片付けていた時の事。
段ボール箱がいくつか空きました。
それをタワーの横に置いてみると・・・




俺、今日からここに住むから
003_20130502235011.jpg
表札出しといて





住むんだそうです。
表札ねぇ・・・
かまぼこ買って来ようかな(・∀・)