琥珀一家のゆる~い日常
番外編:GS131と桜
2018年04月16日 (月) | 編集 |

こちら地方の桜はもうすっかり散ってしまいました。
ですのでかなり今更感があるのですが、
我が家の愛車(クラウン:GS131)と桜の画像を。





「GS131」が「爺さん131」と読めてしまう程、
車年齢としては高齢な部類に入ります。


P1020802.jpg



平成元年式。
今ではあまり見かけなくなった「53ナンバー」です。
ガソリンスタンドに行くと
「自分がまだ生まれてない時の車です!」と
若いスタッフさんに声をかけられる事もあるそうです。
来年も再来年も、これから先出来るだけ長く、
満開の桜の木の下で写真が撮れたらなぁと思います。





↓ここより猫成分入ります↓





桜も散って、あったかい日が増えたね~(´ω`)



P1020774.jpg

あっ、でもこの 「魔法の箱」 はまだ片付けないで下さいね!
まだまだ必需品なの♪



ですよね~ (^_^;)



かく言う私もまだ片付ける気はありません(・∀・)
GW頃まで出しっぱなしな気がするw







スポンサーサイト

番外編:うちの車ご紹介
2012年10月08日 (月) | 編集 |
我が家の車は、平成元年式のクラウン(GS131)です。
今年で24年目になります。
かなり昭和の香り漂うのに、一応平成なんです。

夫が若かりし頃に新車で購入し、今日まで現役で活躍中です。
それまでは何台かを乗りかえたらしいですが、
この車に乗ってからは他の車には目がいかず、
夫曰く「一生乗るつもり」でいます。

友達の修理屋さんに頼んでマメに手入れをしてもらっているので、
今日まで一度も故障した事がありません。
そんなクラウンの事を、我が家では「師匠」と呼んでいます。

そんな師匠の走行距離が、先日270000kmを突破しました。



270000km!.jpg



約10年程前に今の家に越してくる際も、
引越し屋さんには頼まず、チョコチョコとこの車で荷物を運びました。
大ちゃんは引越しのちょっと前に亡くなってしまってお骨だったけど、
ティナとサスケ、カメのクリスティーヌ、
そしてその当時、すでにそこそこの大きさに成長していたナマズのナマさん。
みんな、この車に乗って越して来ました。
(ナマの移動が一番大変だったな・・・)


何分古い車なので、音楽と聴くとしたら
ラジオかカセットテープしか手段がありません。
なので「ipod用カセットアダプター」なる物を購入し
やっと好きな音楽を聴きながら運転できると思った矢先、
デッキの調子が悪くなりまともに聴けなくなりました。
ラジオの方もFMが入りにくくなり、これまたまともに聴けず。
残るはAMのみ。
AMの雰囲気にどうしても馴染めない私に
「ありがとう浜村淳です」や「こんちはコンちゃんお昼ですよ」を聴けと言うのか。
私はただただgaga様を聴きたいだけなのに(´;ω;`)
ナビやETCを付けてくれとは言わないので
せめてipodを聴けるようにしておくれやす、夫よ(´・ω・`)


010_20121008142338.jpg
これが師匠の顔です



夫がここまで乗りかえない理由は、乗りやすさや故障しにくいというだけではなく、
大ちゃんを始め、今は亡き色んな子達が乗った思い出が詰まった車だからという事と、
師匠は車ですが命があるように思うという事らしいです。


このように音楽こそまともに聴けませんが、
エアコンなどの不調は全くなく、
暑い日も寒い日も快適に過ごせます。
古いのにいつも調子がいい師匠、
我が家の大切な家族の一員です。
これからも末永く走ってくれる事を願っています。